乳児のミニバスケットボールの自主教育計画の研究

赤ん坊が耳よりバスケットボールの組織に加入してから約年間が順番しようとして掛かる。なんとも上達してきたなと思った。これ数ヶ月は、日々、ゼミナールや学童から帰ったら、右ドリブル20回、左ドリブル20回を3セットやらせてある。久しぶりに見たら、大いに上手にできていた。ドリブルを欠ける背部のツボを敢然とツボをあげてディフェンスからとられないようにボールをガードしているし、早く激しくボールを付くことができるようになっていた。スピンターンも数か月前よりは上達していた。若干、以下から持ち上げぎみで、判断によっては、両方ドリブルをとられみたいなというのが気になった。ビハイドバックができるようになると1対1の形勢で代替えが掛かるので、それができるように自主リハーサル料理を調べた。youtubeで調べた先、まずは8の言葉ドリブルをやらせるのが可愛いということが分かった。ドリブルリハーサルを2セットに減らして、8の言葉ドリブルを2セット加えるようにしようと思った。ミュゼ 無料カウンセリング予約

乳児のミニバスケットボールの自主教育計画の研究